1. HOME
  2. 業務内容
  3. ご購入をお考えの方
  4. 不動産投資の秘訣

ご購入をお考えの方

ご購入をお考えの方

不動産投資の秘訣

将来の目標・目的から考える

大事なのは...
「いつ」までに「何を」したいか、具体的な目標・目的設定が重要です。
不動産投資における目標設定とは当面の資産形成の目標を具体的に設定することです。

目的設定とは「なんのために不動産投資をするのか」という「行動理由」のことです。
例えば所得税・住民税の節税対策、年金効果(老後のため)、生命保険効果
などが目的にあたります。

目標・目的から考えるからこそ
「必要なものを必要なだけ」安全に 健全に 長期的に 運用していきましょう!

【要注意】独りよがりの安易な目標・目的設定は禁物

不動産投資の経験がない人が最も気を付けなければいけないのは、本やネットの情報のみで目標を設定し、それに固執してしまうことです。
特に目標・目的の設定は、自身の年齢、年収、金融資産等といった要素を加味して慎重に決めていく必要があります。
自身の身の丈に合った、最も適した選択をすることが肝心です。
ただ場当たり的に不動産投資を行うことでは良い結果を生むことは困難です。。。

マンション経営の失敗例

マンション経営を失敗する一番の理由、それは「必要のない過剰な投資」です。
以下はそんな過剰な投資により、マンション経営に失敗してしまったケースです。

【ケース1】68歳 Aさんご夫婦

65歳以降も残債が残っている・・・
年金対策で買ったはずなのに老後の負担に!

【ケース2】34歳 大手商社勤務Bさん

計画なく複数件を勧められるままに買ってしまう・・・
月々の収支が今の生活を圧迫してしまう

【ケース3】41歳 勤務医C先生

最初は収支が良かったけど年々マイナスになっていく・・・
目先の収支にとらわれ相場より高い家賃の物件を買っていた!

 

このように、不必要な過剰投資は具体的な目標やゴールがないからこそ起こってしまうことです。